IFD注文


アンドレアモン 最優秀ダートホース獲得 1984年後半

1984年後半(9月2週から)スタート!

アンドレアモンは、
南部杯、JBCクラシック、ジャパンCダート、東京大賞典と
4連勝しました。

何度か1回で勝てないときもありましたが、
ほとんど気にならない程度。

当然、最優秀ダートホースを獲得。


ミルコージは、
500万下を2戦1勝後、
全日本2歳優駿に出走しましたが、4着。

まあ、こんなもんでしょうな。


さて、12月3週の海外セリでは、
期待できそうな牡馬1頭と牝馬2頭を購入。


さらに、庭先取引で、

・フェートノーザン(銅のお守り1枚)

・マウントニゾン(赤のお守り1枚)

・ウイニングスマイル(赤のお守り1枚)

の3頭の2歳馬を購入。


フェートノーザンは金の像での殿堂入りが確実な馬。

マウントニゾン、ウイニングスマイルも殿堂入りを狙える馬ですね。


以上、1984年のプレイ状況でした。

1984年後半まとめ

アンドレアモン

・南部杯:1着

・JBCクラシック:1着

・ジャパンCダート:1着

・東京大賞典:1着

ミルコージ

・プラタナス賞:3着

・2歳500万下:1着

・全日本2歳優駿:4着

1984年度末表彰

・最優秀ダートホース:アンドレアモン



というわけで、1984年の目標はほぼ達成。

来年の目標は、アンドレアモンの金の像での殿堂入り、
ミルコージで地方ダートG1・2勝が目標というところかな。

サブコンテンツ

【楽天市場】



このページの先頭へ