IFD注文


牧場建設! 1985年前半

1985年になりました。

育成騎手は新人賞を獲れず、
ライバル騎手が新人賞に輝き、
育成騎手に嫌味を言いに来るというイベントがあり。

がひいきにしているという設定で、
性格も鳳に似ている感じ。

初期の能力がMAXなので、
そりゃ新人賞も獲れるわな~と。

なんか、納得いきませんね。


さて、4月に牧場を開設しました。

開設地は三石地区。
三石だと自動的に牧場長が牧野良夫になります。

牧場名は、

「高天原牧場」

えーと、これも日本神話から拝借しています。

天照大御神が統治し、天津神が住む国が高天原。
まあ、日本神話における天国のようなものです。

これまたマニアックですいません^^;

牧場を開設直後に繁殖牝馬を5頭購入し、
全頭に種付けをして、なんとか5頭とも受胎に成功しました。


では、各競走馬の状況に移ります。


アンドレアモンは、川崎記念、フェブラリーSを連勝。

いつものことながらドバイに推薦されますが、
勝てるわけがないので、当然辞退。

その後、かしわ記念は順当勝ちしましたが、
帝王賞では、ロッキータイガーカウンステップアップと顔を合わせ、
どうしても勝てずに2着。

他の競走馬のレースを変えるなど、
色々調整すれば勝てたかもしれませんが、
面倒なのでやめました(汗)


ミルコージは、ダートOP戦を3連勝後、
ジャパンダートダービーに挑戦。

作戦を変え、騎手を変えたりと、
色々調整しましたが、なかなか勝てず。

仕方ないので、
この時期デビューした2歳馬を
無理やり7月の新馬戦を走らすことで、
なんとか勝てました。

その後、海外G1を試しに走らせてみましたが、
全く歯が立たないので、レパードSに出走。

ところが、ここもどうしても勝てず、2着止まり。

まあ、でも上出来な方かと思います。


また、この時期に2頭の2歳牝馬がデビュー。

Honest Pleasure×Verusckaアスカヴァージンと命名。

Veguely Noble×Rokeby Roseアスカローズと命名。

アスカヴァージンは新馬戦勝利。

アスカローズは新馬戦4着、未勝利戦1着。

言い忘れてましたが、
冠名は「アスカ」に設定しています。


さて、8月1週の幼駒セリでは、

・スーパークリーク

・シヨノロマン

を購入。


さらに、庭先取引で、

・フェートノーザン(銅のお守り1枚)

・マウントニゾン(赤のお守り1枚)

・ウイニングスマイル(赤のお守り1枚)

の3頭の2歳馬を購入。


フェートノーザンは金の像での殿堂入りが確実な馬。

マウントニゾン、ウイニングスマイルも殿堂入りを狙える馬ですね。


以上、1985年前半のプレイ状況でした。

1985年前半まとめ


アンドレアモン

・川崎記念:1着

・フェブラリーS:1着

・かしわ記念:1着

・帝王賞:2着

ミルコージ

・ヒヤシンスS:1着

・伏竜S:1着

・端午S:1着

・ジャパンダートダービー:1着

・レパードS:2着

アスカヴァージン

・2歳新馬:1着

アスカローズ

・2歳新馬:4着

・2歳未勝利:1着



アンドレアモンがここで金の像での殿堂入りが確定ですね。

あとは、ミルコージでなんとか殿堂入りを果たしたいところです。

サブコンテンツ

【楽天市場】



このページの先頭へ