IFD注文


マウントニゾン 日本ダービー制覇 1986年中盤

1986年中盤(5月3週)からのプレイです。

 

8月1週の幼駒セリでは、サクラホクトオーのみ購入しました。

殿堂入りは十分可能ですが、
できれば、金の像を狙いたいところです。

 

では、各競走馬の状況です。

 

ますは、ミルコージ

帝王賞2着後、海外ダートG1を狙いましたが勝てず。
他の馬のレースを変えるなどすれば勝てたかもしれませんが。

殿堂入りは厳しくなりました。


次にフェートノーザン

ジャパンダートダービーに出走するも、まさかの4着。
その後、地方ダート重賞を1勝。


マウントニゾンは日本ダービーに挑戦。

1頭出しではどうしても勝てませんでしたが、
アスカウォーターとアスカヴァージンをサポート要員にして3頭出しにしたところ、
あっさりと勝利し、まさかの優勝。

その後長期放牧し、イギリスセントレジャーに挑戦するも、5着。


ウイニングスマイルは1000万下1着、OP戦3着、1600万下1着。


アスカウォーターは日本ダービー16着後、重賞連続2着。


次に、アスカヴァージンとアスカローズ。

アスカヴァージンは日本ダービー14着後、重賞1敗。

アスカローズは地方ダート重賞2連敗。


そしてこの時期、
ユーワジェームスタレンティドガール、海外セールで購入した牝馬がデビュー。

3頭とも新馬戦勝利。

海外セールの牝馬は、
マジェスティックライト×シーユーアトザトップ→アスカスコープと命名。
この馬も早熟のダート馬でした。。。

 

以上、1986年中盤のプレイでした。

1986年中盤まとめ

ミルコージ

・帝王賞:2着

・A.G.ヴァンダービルトH:5着

フェートノーザン

・ジャパンダートダービー:4着

・オーバルスプリント:1着

マウントニゾン

・日本ダービー:1着

・イギリスセントレジャーS:5着

ウイニングスマイル

・尾瀬特別:1着

・UHB賞:3着

・北九州短距離S:1着

アスカウォーター

・日本ダービー:16着

・中京記念:2着

・キーンランドC:2着

アスカヴァージン

・日本ダービー:14着

・中京記念:13着

アスカローズ

・関東オークス:3着

・スパーキングレディーC:5着

ユーワジェームス

・2歳新馬:1着

タレンティドガール

・2歳新馬:1着

アスカスコープ

・2歳新馬:1着

 

マウントニゾンがまさかの日本ダービー制覇。
嬉しい誤算ですが、
海外セールで2頭の馬を購入していなかったら、まず無理でしたね。

ミルコージを殿堂入りさせたいところですが、
ちょっと無理っぽいです。

サブコンテンツ

【楽天市場】



このページの先頭へ