IFD注文


ウイニングポスト7 ゲーム概要

ゲーム概要

ウイニングポスト 7シリーズは、
プレイヤーが箱庭競馬世界のオーナーブリーダー(馬主兼生産者)となり、
競馬界に携わる人々と出会いながら、
名馬を輩出していく喜びを味わう本格派競馬シミュレーションゲームになっています。


2010年に発売された「ウイニングポスト 7 2010」では、
シリーズ初となる“音声実況”を導入。
過去20数年間に及ぶ膨大な実在馬データと史実に絡めたリアルなイベントにより、
競馬の歴史を追体験しながら、
自分だけの箱庭世界を構築できることが最大の特徴です。


実在馬を時にはライバル、時には愛馬として登場させ、
名馬たちとドラマティックに関わり合う感動を表現しています。
プレイヤーは、愛馬の成長を見守りつつ、
競馬に関わるさまざまな人々と人間関係を築いたり、
牧場の経営やクラブの設立など多くの決断を下しながら、馬主として活動していきます。

最終的に、“国内や海外のG1制覇”、“年度代表馬を育てる”、
“自分の生産馬で零細血脈を復興させる”など、
あなたが思い描く“世界一のホースマン”を目指すことになります。


「ウイニングポスト」、「チャンピオンジョッキー」と多彩な競馬ゲームを制作してきた
コーエーテクモゲームスのノウハウと技術が生かされた、
競馬シミュレーションゲームですので、きっと堪能できることでしょう。


ただし、個人的には、「ウイニングポスト 7」を引っ張るのではなく、
そろそろ、『ウイニングポスト 8』を出してほしかったなというところです。
2012年版の翌年に2013年版ですから。。。
逆に言うと、それだけ完成度が高いということでもあるかとは思います。

ゲーム特徴

シンボリルドルフオグリキャップディープインパクトオルフェーヴル
などの実在馬が登場!


お守りという概念があり、お守りを消費することで史実馬を入手できます。

史実馬は強さに応じて金、銀、銅、赤のお守りを持っていないと、
庭先取引ができないようになっています。
(セリであれば不要なほか、お守りが不要な史実馬も存在します)


また、金のお守り複数枚を使用して海外馬カードを入手すれば、
ダンシングブレーヴサンデーサイレンス
などの有名な史実海外馬を購入して所有することも可能になります。
サードステージなどの、いわゆるスーパーホースも史実馬と同じ扱いとなっています。


●1984年度から史実に基づいたプレイ、
または、現役競走馬がすべて引退した後の状態(2014年以降)で
ゲームを開始することも可能です。
(当然ですが、レースは必ず史実通りになるとは限りません)

馬主タイプ

馬主タイプはノーマルタイプ大牧場タイプの2種類があります。

ノーマルタイプでは初めは牧場を所有しておらず、
条件を満たすことで後に建設することができます。
大牧場タイプでは牧場を所有しているものの、史実馬の購入はできません。

なお、現役競走馬が引退した後の状態での開始ではノーマルタイプしか選べません。

難易度

EASY」、「NORMAL」、「HARD」、「EXPERT」の4段階があり、
それぞれ順に難易度が高くなっていきます。

プレイヤーの所有馬の能力に変化はなく、ライバル馬の能力が難易度順に高くなっています。

モード

史実馬が史実通りの年に登場、引退するAモードと、
ある程度史実に基づくものの、ランダムで登場年数が変わるBモードがあります。

サブコンテンツ

【楽天市場】



このページの先頭へ